壮大な戦乱ドラマを描く!!FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSをレビューしてみた!

「ファイナルファンタジータクティクス」の雰囲気を感じさせるゲーム「WAR OF THE VISIONS  幻影戦争」をレビューします。

「WAR OF THE VISIONS  幻影戦争」(以下、FFBE 幻影戦争)は、11月14日にスクウェア・エニックスが配信を開始したスマートフォン向けのタクティカルRPGです。

タイトルの通り、「FFBE」シリーズの最新作ということもあり、当時事前登録数50万人突破という話題を集めていました。

それだけではありません。

タイトルこそ「FFBE」ですが、「FFBE 幻影戦争」の内容は「ファイナルファンタジータクティクス」(以下、FFT)ライクなタクティカルRPGです。

つまり、「FFBE」ファンのみならず「FFT」ファンにとっても注目の一作。もちろん、タクティクス信者の筆者もこのゲームが配信されるのを知ったときは胸を躍らせたものです笑笑

どんなゲーム?

【FFBE幻影戦争】『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』Trailer

↑↑↑PV↑↑↑

 

バトル画面の様子はこちら

3DのシュミレーションをそのままFFTから継承しており、MPはTPとAPに変更されFFT同様最初からTPはMAX状態でスタートします。

尚、APはキャラにより初期値が設定されています。

FFTA1~2の時は毎ターンチャージするシステムでしたが、このシステムは個人的には戦略性にかける為あまり好きではなかったというのもあり、MAX状態スタートは個人的にうれしい要素です。

マップ上の各マスには高低差があり(上部画像でいうと木のコンテナの上)移動時はもちろん、攻撃時にも影響を与えます。

まず、各ユニットが越えられる高低差は、JUMPパラメーターの値によって決まっています。なので、JUMPの高いユニットが高低差を利用すれば、JUMPの低いユニットから逃げることも可能です。

また、弓で攻撃を行う場合は、高さによって射程距離が伸びます。高いところへ配置できれば、広範囲の敵を一方的に攻撃できてしまうのでバトルを有利に進めることができますよ。

グラフィックにも非常に力を入れており、「これは家庭用ゲーム機の画面です。」と言われても違和感ないレベルに非常に美しいです。

FFTをやったことのあるユーザーならすぐに馴染むことができると思いますが、まさかここまで本格的な戦闘が実装されるとは思わなかった…。(感動)

高低差があると、近接攻撃が届かないが魔法や弓なら届く…というように、ジョブの役割をうまく活かしながら戦うのが最高に楽しいです。

特にステータスで不利でも、地形や状態異常などを利用して戦略的に勝ったときの達成感は最高です!!

考えながらプレイすると1回の戦闘にかなり時間がかかるので、クエスト周回が苦痛になるんじゃ…と最初は不安でしたが、オート機能も実装されているので、周回プレイのストレスは軽減されるようになっていて一安心です。

やりこみ要素

育成に関しても本当に奥が深く、スマホゲーだということを忘れてしまうほど笑笑

戦闘ももちろん面白いのですが、キャラを育成するのがこのゲームの一番面白いところだと個人的に思います。

ちなみに1人のキャラを育成するのに、めちゃくちゃ時間がかかります汗

レベル・アビリティ・覚醒・限界突破・親密度…と、やることが多すぎて最初はどうすればいいか分からなくなってしまいそう。

 

下画像を見るとお分かりになられるかと思いますがアビリティの数が尋常じゃないですw

キャラのステータスのほかにも、装備の強化・召喚獣の強化・ビジョンカード…といったように

本当に育成要素が多すぎです。

まぁ1人で黙々とキャラの育成を楽しむには最高ですが。

ただ…やることがあまりに多すぎて正直無課金には辛い場面も…時間をかけてじっくり育てればいけるんですが、イベントなどではやはり不利になってしまうことも少なくありません。

ガチャ

スマホゲームのお約束「ガチャ」。

FFBEをプレイした人なら分かるかもしれませんが…

ガチャの最高レア排出率は低く、キャラクターもどんどん増えるため狙ったキャラクターを当てるのはかなり難しいです。

レアリティは4種類で、UR(4%)SSR(16%)SR(51%)R(28%)となっています。

 

FFBEがそうだったように、キャラクターが増えていけば確率は緩和され、ピックアップなども増えるとは思いますが…そればまだ先の話でしょう。

最初から強いユニットが欲しければリセマラは必須だと思います。

複数ユニットを育成する余裕など無課金にはありません。強いキャラを重点的に育てるのが無難です。

特に「アリーナで上位を狙う!」という人は重課金必須。微課金は泣きを見るだけです。

札束で殴り合う戦いに身を投じる覚悟はあるか?

これに尽きると思います。当然僕にはありません。

 

無課金でも全然遊べます。課金しなくてもやれることは非常に多いですり、ストーリーも面白いです。

ただ、課金しだしたらキリがないのがこのゲーム(というかソシャゲ全般…)

これがもしマルチプレイ必須のゲームだったら令和元年のベストオブクソだったのは間違いない。(FFRKさんすいません汗)

1人でじっくりストーリー・イベント・キャラ育成を楽しむのがこのゲームの一番の楽しみ方だと思います。

総評・まとめ

良かった点
・BGMが滅茶苦茶良い
・臨場感溢れるSE
・戦闘がFFT踏襲でファン歓喜
・グラフィックがとても綺麗

惜しい点

・テンポがやや悪い(戦闘や1日で挑戦回数が設定されているデイリーイベントなど全て毎日周回するとなるとかなり時間がかかります。)

・無課金者には厳しい場面がある

・個人的にマスがタップしにくいと思った。

 

気になる点も挙げましたが、迷っている方、FFTのファンの方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか??

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました